起業家応援プラン

起業家応援プランは、会社設立から1年目の決算までの記帳代行、税務関係届出書類作成代行、確定申告業務を253,000円で行うプランです。
立ち上げ段階でのコストを抑えるために年間コストを標準化、総額の安さもさることながら、そのお支払方法は、11か月まで毎月15,000円(税別)、決算月に88,000円(税別)となっています。
起業家応援プランをご利用のお客様は、以下の金額で会社設立手続きを承ります。


▼会社設立の頭で大きい支払いをすべきでない
▼起業家応援プランとは
▼起業家応援プランの対象会社
▼起業家応援プランの詳細
▼2年目の費用について
▼お問い合わせフォーム

会社設立の頭で大きい支払いをすべきでない

会社設立時にはなにかとお金がかかるものです。掛けるべきところにお金をかける必要はあります。
ただし、会社を作る!という高揚した気分もあって収益が出る前からどんどん支出を増やしてしまいがちになることはよろしくありません。じっくり計画を立て、気持ちを引き締めて進みましょう。

1.設立時に平均240,000円(合同会社は95,000円)
例えば、株式会社の会社設立代行の費用は、税務顧問契約の締結の有無に関係なく、一般的なケースでは専門家への支払いが23,000円~38,000円程度がかかります。合同会社でも専門家への支払いが18,000円~35,000円と、平均95,000円程度かかります。

2.各種届出書類を提出するのに平均38,000円
また会社設立後には、3カ月以内に各種の税務届出書類を提出する必要があり、この届出書類の代理作成報酬として38,000円がかかります。
このように会社設立段階では税理士が行う業務が多くなるため、当然に支払報酬金額も大きくなります。 

3.事業用の備品の購入など X円
開業時には税理士、行政書士への会社設立代行報酬だけではなく、事業用の備品の購入など、儲けが出る前にコストがかかる状態です。

当事務所の起業家応援プランでは、上記1.2.を年間コストを明示したうえで12カ月の分割でお支払いいただくことに致しました。 

多くの会計事務所は会社設立代行報酬を0円もしくは格安で受注し、その後の顧問報酬、決算申告報酬を割高に設定していますが、当事務所ではそのような費用体系を採らず、各業務に適切な報酬を明示することを心がけております。★公証役場に支払う費用は分割ではありません。

起業家応援プランとは
★税務・会計はプロにまかせて、自分の仕事に邁進しよう

会社設立後の会計・税務処理を安心しておまかせいただけるプランです。
お客様は会計データ入力をしなくてもよいので、事業に専念していただくことができます。 
忙しくなりそうなことがわかっていれば、このプランはお得です。

会社設立コンシェルジュがおこなうこと

1.会社設立手続き
2.税務書類作成
3.会計データ初期設定
4.記帳代行
5.決算確定申告書作成
6.
1.~5.にかかわることのご相談

なにかとお金がかかるのは、設立準備期間よりも設立後1年間です!
1年間の計画を立て、支払を均一にすることが大切です。
起業家応援プランのお得さとお支払方法をご紹介します。

通常の年間費用の内訳(記帳代行あり)
会社設立代行報酬  23,000円
税務書類作成代行報酬 10,000円
会計データの初期設定費用 10,000円
記帳代行報酬 15,000円×12カ月= 180,000円 
 決算確定申告報酬  73,000円円
年間報酬合計 296,000円

296,000円のところ、
起業家応援プランでは大きくお値引きして1年間253,000円!

上記費用を12ヶ月に分けて以下のようにご請求致します。
儲かり始めるのは数ヵ月後!いまは極力払いたくない!そんな強いご希望に合わせました。
また、当事務所からの会社設立のお祝いとして、通常のご契約では会社設立代行報酬、設立時の税務関係書類作成報酬、会計ソフトの初期設定費用を頂いておりますが、無料とさせていただきます。かなりお安いです!

起業家応援プランの年間費用の内訳(記帳代行あり)
1ヶ月目から11カ月目  毎月15,000円×11ヶ月 計165,000円
12ヶ月目   15,000円+決算確定申告報酬73,000円=88,000円
年間報酬合計 253,000円
 
会社設立コンシェルジュなら、11か月後まで月々15,000円の支払い。最後の1か月が88,000円の支払いとなります。

起業家応援プラン対象会社

1.役職員が3人以内の会社

2.設立初年度の会社

3.当事務所が指定する業種の会社

起業家応援プランの詳細

税務関係届出書類作成

税務関係届出書類作成
税務関係届出書類作成

法人設立届や青色申告の承認申請書といった複雑で提出期限がある税務関係届出書類に関しても、当事務所にお任せください。 
会社設立に必要な書類から税務申告に関する書類まですべて当事務所が作成いたします。 

経理代行業務

記帳代行業務
記帳代行業務

経理は企業経営においてとても重要な業務です。ですが、起業したばかりではそこまで手が回らなかったり、簿記・会計・税務の知識がないため帳簿をつけるのに時間を取られたりすることも多くあります。でも、当事務所にお任せいただくことによって煩わしい経理業務をすべて代行いたします。これによって時間やコストを大幅に削減することができ、会社の負担軽減にもつながります。

確定申告業務

確定申告業務
確定申告業務

決算・確定申告の手続きを経営者の皆さんが行うことは多くの手間と時間がかかります。 
特に決算書においては作成したとしても間違った決算がもとで、税金の追加納付を受けたり、銀行から融資を受ける際に適正な決算書の提出を求められたりする場合があります。 
当事務所では決算書の作成・確定申告をすべて行わせていただきます。 

その他上記業務に係わる指導(領収書の整理方法など)

当事務所では、上記6つの業務以外にも起業家にとって有用なアドバイスをしていきます。 
領収書の整理方法・データ管理方法といった企業が普段から行うべきことから、源泉所得税の納付の仕方といった経営者になって初めて行うことになる業にについての相談まで幅広くサポートいたします。 
どんなことでも結構ですので、ぜひご相談ください。 
原則として電話、メールでのご対応になります。

思った以上に忙しくなったら! オプションで以下の業務を承ります

給与計算業務

給与計算業務
給与計算業務

企業は、給与を支払うとき所得税を差し引いて支払います。 
この所得税は一定の仮定に基づいて計算されているため毎年11月から12月にかけて精算する必要があります。 
この手続きを年末調整といい、多忙な年末にさらなる負担を企業に強いる作業です。 
しかし、当事務所にお任せいただくことで、お忙しい御社に代わって責任を持って年末調整を行わせていただきます。

年末調整業務

年末調整業務
年末調整業務

給与計算業務は、タイムカードの集計や社会保険料・税金の支払いなど経営者の多くが頭を悩ませる業務です。 
さらに給与計算について詳しく知る人は少なく、もし給与計算担当者が突然退職してしまった場合 、引継ぎがうまく行えず苦労することが多いようです。 
当事務所では、このような煩わしい給与計算の代行サービスを行っております。 
また、当事務所ではより多くのお客様に給与計算代行サービスをご紹介できるように、専門サイト「記帳代行・給与計算.COM」を立ち上げております。 

2年目の費用について

当事務所では報酬金額を前年度の売上金額等を勘案して決定させていただいております。開業初年度は売上金額が不明なこと、資金繰りに余裕がないことが多いため、起業家応援プランとして格安での税務代理を行っておりますが、2年目以降は前年度の売上をベースに報酬金額を決定致します。 
当事務所で採用しており業務プランは基本的に創業時のプランと同じです。以下、各プランごとに報酬プランを明示しておきます。 

創業プランの方⇒記帳代行.給与計算.comのレビュープランに該当します。 
記帳代行プランの方⇒記帳代行.給与計算.comの記帳代行プランに該当します。 
経営コンサルティングプランの方⇒武田会計事務所の税務顧問プランに該当します。

起業家応援プランお問合せフォーム

会社を設立したい方、プランの詳細についてご質問のある方は下記フォームよりお問い合わせください。

メモ: * は入力必須項目です