02日 7月 2019
大阪で60代からのシニア起業をサポートします。
02日 7月 2019
国民民主党の某議員が予算委員会で年金請求書について取り上げ、プチ炎上しているようです。...
28日 6月 2019
現在ご紹介いただける先生方を募集している段階で、表記が雑多になっておりますが、一定期間経過後、ご返信のない事務所様は整理していきます。不備が御座いましたらこちらからご連絡ください。 大阪の川上恵行政書士事務所 大阪の行政書士のサイトです。大阪の許可、届出、法人設立、遺言相続はおまかせください。行政書士石井事務所...
25日 6月 2019
平成から令和に元号が変わり間もなく2月となります。...
04日 6月 2019
本日の産経新聞に「金融庁、3世代での資産形成を促す」というタイトルの記事が掲載されています。そこには老後資金として2000万円の貯蓄が必要と書かれています。その為に、現役世代は資産形成の重要性、必要性を認識し、早い段階から資産形成を行うために、アドバイザーを見つけましょうと言った内容が書かれています。...
21日 9月 2018
先ほど、当社のホームページの被リンク先をチェックしていました。たまにおかしなところからリンクを付けられていることがあるため定期的にチェックを行うようにしています。...
25日 7月 2018
ここ数年、大阪市内は外国人観光客であふれ、以前では考えられないくらい活気に満ちた街へと変貌を遂げています。当然のごとく景気も良く、少なくない利益を上げられる会社様も増えてきています。 利益が出れば当然節税が必要になってきます。当事務所がまず加入をすすめているのが経営セーフティ共済と言われる独立行政法人...
13日 7月 2018
これまで会社設立の際の登記申請書には商号のフリガナは不要でしたが、平成30年3月12日以降に設立登記をされる登記申請書にはフリガナが必須となります。 また、設立登記に限らず、全ての登記申請書には商号の上部にフリガナをつけることになりますので、例えば役員の重任登記、本店所在地の移転といった場合にも必要になります。
05日 12月 2017
最近、当事務所にも助成金ビジネスに関するDMや営業電話がよくかかってきます。主に社会保険労務士の方の業務になろうかと思いますが、業界的には「助成金バブル」なる言葉もチラホラ聞きますので、相当需要があるのでしょう。 もちろん、助成金は要件を満たせばもらえるお金なので、貰えるなら誰しもが貰いたいでしょう。...
28日 11月 2017
会社を設立する際には、合同会社であれば6万円、株式会社であれば15万円の収入印紙が必要になります。大阪であれば法務局内に印紙売りさばき所があるので、そこで登記書類を法務局に提出する際に購入される方が多いと思いますが、中には金券ショップで購入される方もいらっしゃいます。...

さらに表示する